East Grass

大学3年次より休学してエンジニアインターンを開始。2018年4月より4年生。

俺(大学4年生)が1ヶ月サイバーエージェントで働いた話を聞いてくれ!

サイバーエージェントで1ヶ月インターンしてきた。

そのまとめとして書いた記事をサイバーのdeveloper blogに寄稿させていただいた。

developers.cyberagent.co.jp

 

このブログのタイトルと同じだけど、作者同じなので許して。

業務的なことは上に任せるとして、ここでは個人的なことを書いていく。

技術的に

技術的点で見ると、今回fluxというアーキテクチャを使って書き換えていくというのがメインディッシュだった。

今までMVCしかやったことなかったのにいきなりfluxにチャレンジした。

iOSチームの先輩がいなかったら絶対無理だったなと感じた。

普通にデータ取得して加工->表示するという処理に1〜2日かけた記憶がある。

あとRxもここで初めて使った。

Rxに関してはもっと勉強していきたいのでおなじみの公式レポジトリのサンプルでもやろうかな。

インターン自体は周りの人たちが暖かく、仕事もチャレンジングな課題で退屈しなかった。

もっとプロダクトに意見できるようになりたいとかデザインできるようになりたいとかの欲は出たので頑張っていきたい。

個人的な思い入れ

就活の話になるけど、サイバー入れるくらいのエンジニアになりたいなーと考えてたことを思い出して地味に達成してたのが嬉しかった。

ただ、当時想像していたのはもっと実力ついてる自分だったのでそこにはギャップを感じる。

最近はSwiftはこれ以上何を勉強したら良いのかよくわからなくなってきたのでちょっと困ってる。

言語仕様とRxかな。あとはアプリ作ってくのと実務経験。

少なくともRxごりごり書けるSwiftエンジニアは強いと思うから一生懸命やっていく。